日中リフレクソロジー協会へようこそ
   
森下会長 メールへ 三橋
森下名誉顧問 三橋会長
徐副会長 石井
徐副会長 石井理事
宮前
古沢理事 宮前理事
   

   NPO日中リフレ情報誌          

  新着情報

協会からご挨拶、ご報告、お知らせ

 

介護現場で大人気!!    NPO 法人日中リフレクソロジー協会特別セミナーのご案内


足の疲れをとりのぞき、心いやすリフレクソロジー

当協会は、20 年前からリフレフソロジーに注目し、中国にて本場中国4千年の伝統手法を直接の指導を受け、広く国民に伝えて来ました。その結果、リフレクソロジーは職業としての地位を確立し、そして今、介護業界からの要望も増しています。足死(歩けない=動物死)脳死(わからない=人間死)心死(動かない=生物死)中でも歩けなくなることは、生活の質の低下を招き寝たきり状態になりことも少なくありません。リフレフソロジーは、コツを学べば、いつでもどこでも誰でもできます、肌と心のふれあいを通じて、おだやかな老後をお約束いたします。平均寿命が延びても、健康寿命が延びず生きがいがなければ、QOLの低下は避けられません。本場、中国では医学生の教育の一環としても取り入れられ、治療分野でも実績をあげています。介護現場でリフレクソロジーを取り入れた結果、足の疲労回復効果はもちろん、コミニケーション向上による、心おだらに過ごすことが出来ます。当協会には本格的なプロコースも用意されていますが、今回は 1 日で開催しますので是非ご参加下さい。仕事相談やフォローアップ研修(別途料金)も用意し

皆様のご参加をお待ちいたしております。三橋メール 3284arigatou@gmail.com

TEL0706450-7076

開催:平成29 10  30 )江東区⻲⼾⽂化センター   

: 午前9時10分~午後 6 時(喫茶。教材費含む)6 階第二会議室

料: 7,000円(3人以上参加の場合 1 人5,000 円)タオル4枚、昼食ご用意下さい

象: どなたでも受講可能 30

徐琳(協会副会長)三橋敏次(協会会長)お問合わせ 03-3846-8557

NPO法人 日中リフレクソロジー協会

講義内容 1.リフレクソロジーの基本概論 2.注意点、施術環境

3.手技の説明、反射区の説明 4.模範演技及び実技指導

. 2人一組でお互いに施術 6.質疑応答

NPO 法人日中リフレクソロジー協会

130-0022 東京都墨田区江東橋 4-29-11-3F

 お申し込み FAX 03-3846-8559

お名前(ふりがな)

 

会社名(施設名)・個人名

ご連絡先電話番号

 

住所

ファクス番号

 

メールアドレス




 更新日:H29年8月1日

随時生徒募集   
    こちら

MAP

クリックすると地図が表示されます。
クリックすると地図を表示します





                   NPO法人 日中リフレクソロジー協会
               住所:〒130-0022 東京都墨田区江東橋 4-29-11-3F
               TEL: 03-3846-8557  FAX:03-3846-8559